肩こりや腰痛に並んで痛めやすいのが背中です。長時間同じ姿勢や不自然な姿勢・冷え・首のトラブル・ストレスなどが要因となって起こります。慢性化しないように、痛みが軽度なうちに対処しケアしていきたいものです。背中のツボには、ツボ押しグッズを使ったり、ツボを中心にした背中を蒸しタオルなどで温めるのが効果的です。背中の痛みに効くツボとして、今回は2種類ご紹介しようと思います。1つ目のツボは「兪穴(ゆけつ)」という背骨に沿ったツボです。実は兪穴というのは総称で、肺兪・心兪・膈兪・肝兪・胆兪・脾兪・胃兪などからなる複数のツボをまとめたものになります。

背骨にそって走る「脊柱起立筋」という長い筋肉が両側に縦に並んでいます。兪穴はその脊柱起立筋上にあります。ゴルフボールを背中の下に入れ、脊柱起立筋を上下に刺激しましょう。背中の筋肉の緊張やこわばりを和らげたり、呼吸器や消化器の働きを良くしてくれます。自然治癒力も高めつつ、背中の痛みやこわばりをほぐしていきましょう。2つ目にご紹介したいのが「曲池(きょくち)」と呼ばれるひじにあるツボです。ひじの関節のキワにあるツボです。ひじを曲げてできる横ジワ外側の端にあるくぼみに曲池のツボがあります。ひじを曲げて、手でひじをつかむように親指をツボに当て、骨にキワを押します。左右それぞれ3~5回押しましょう。曲池のツボは、腕のトラブルや五十肩・肩こりなどに効くとされ、腕の血行を良くして代謝を促進させます。また、二の腕のシェイプアップにも効果がありますよ。