肩こりは首筋の両側や脇の下、関節の内側にあるリンパ節にリンパ液が溜まってリンパ管が萎縮してしまう、また肩のまわりの血液循環が悪くなり、老廃物がとどまって血液が汚れてしまうなどの原因で起こる事が考えられます。偏った身体の使い方、或いは悪い姿勢が習慣化してしまう事によって生じるケースが多く、姿勢の矯正が症状の解消・緩和につながる事もあるのです。勿論、不安やストレスなどの精神的な不調から起因する事もあります。運動不足や姿勢や呼吸の仕方などを見直して、辛い肩こりを改善していきましょう。まずは正座の姿勢から、膝を左右に拳骨1個分ほど入る程度に開きましょう。お尻を上げて肩の真下に両手の手のひらを置きます。四つん這いの状態ですね。四つん這いの姿勢から、手と手のちょうど真ん中に右肩を置きます。そのまま顔も横に向けて、頭も床に置きます。

両手は肩の高さ真っ直ぐにそろえて伸ばします。息を吸いながら左手を上げていき、息を吐きながらそのまま真後ろに倒します。指先を通して遠くを見て1-0呼吸キープです。息を吸いながら、ゆっくり身体を戻し、今度は左の肩を同じように手と手の真ん中に置いて同様に10呼吸キープします。完成ポーズの時、膝の位置がずれないようにする事がポイントです。手を真後ろに倒す時は、上にったり下にいったりしないようにしましょう。最後にお尻を踵に置いて、正座の状態でくつろぎのポーズで2~3呼吸とってやりにくい方を再度行いましょう。肩甲骨を正しい位置に戻して、肩・腕・背中・首の筋肉の萎縮くを取り、更に柔らかくほぐして血液の循環を良くします。肩こりが少しずつ解消されてきますよ。首筋マッサージで肩こりを和らげてみましょう。3本の指で後ろの首筋をぐるぐる押しつつ回します。徐々に指を下に下げていきましょう。これを2回繰り返します。ぐるぐるとほぐしたところで、上から下へ圧をかけながら流します。